読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think Village

日々思ったこと、気づいたことを推敲もなしに気ままに書き綴っています。

就業時間の8時間って、実際どれだけ集中できているのだろうか

フリーランスになって、働く時間は自由になり、何時から始めようが何時に終わろうが制限がなくなった。そうなってくると実際どれだけ働いているかわからなくなったので、最近は細かくログをつけるようにしているのだが、最初は愕然とした。8時間以上働いているつもりでも、無駄な時間を省くとその半分、4時間しか働いてなかったりしたのだ。これはいかん、と思ってなるべく無駄な時間を削減する努力をして大分時間効率は上がった。 ただ、その効率が悪い状態でも、サラリーマン時代と極端に差があったようには感じなかった。私はサラリーマンの時から、8時間はたらいているつもりでも、実際は4〜6時間しか働けてなかったのかもしれない。実際みんなはどうなんだろう。拘束時間8時間のうち、どれだけ仕事をきちんとこなせているものなんだろうか。もちろん、多少のオーバーヘッドは仕方ないが、仮に半分の4時間しか働けてなかったら、成果主義ならいいんだけど、給料に見合ってないというか、もはや就業時間なんてどうでもよくないか、と思ってきた。