読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think Village

日々思ったこと、気づいたことを推敲もなしに気ままに書き綴っています。

日本は本当に一度でも失敗したら人生終わりなのか

日本は失敗に不寛容だという風潮がある。ただの言葉の綾だとは思うが、ネットでは「日本では一度でも失敗したら終わり」ということも書かれていたりする。例えば新卒の就職活動がそうか。新卒での就職を失敗すると、もう輝かしいキャリアを歩むことはできない、という社会。まぁこういうことは分からなくもない。
だが、就職活動だけでなく、学生の受験や、社会人になっても色んなタイミングで大きな失敗をすることはあり得る。生きていく中で少しも失敗しない、というのはあり得ないだろう。

失敗しても問題ない

ずっと失敗しないなんて到底あり得ない。むしろ試さないとわからないことだらけだし、失敗したら「ああ、この方法はだめだったんだな」とまた別の方法で試すばかりだ。事実、私は受験も就職活動も失敗したが、そこから自分なりに勉強したり試行錯誤して、食うに困らない程度には収入はある。就職活動で失敗して、会社に入れなかったら、別の方法を模索すればいい。(失敗したからもうダメだ、と思考停止していると本当にダメだけど。)

失敗に不寛容な風潮なのが問題ではない

事実として、日本の国民性として、批判的な態度をとってしまうことが多いと思う。成功よりも、失敗に目をつけ、批判する文化。それを指し示すデータは存じないが、芸能人の不倫問題をずっと批判していたりするので、ある程度事実だと思う。基本的にマイナス部分が気になるので、それに対して批判する。肯定よりも批判のほうが多いので、不寛容な国民性と感じるのだと思う。それは間違っていないが、実際はそこが問題ではない。批判されたからといって「皆さんの言うとおりです。私は負け犬です。」と勝手に社会的敗者だと解釈してしまうことこそが問題ではなかろうか。
批判されても「なんと言われようとやりたいようにやる」と我道をいけばいいだけの話。不倫して批判されようが、個人的な問題であればその人の問題であって、批判されようが関係ない。批判されて、その場に居づらいのであれば、場所を変えればいい。人一人からすれば、無限に近いくらい地球は広い。

一番やってはいけない失敗はなにか

失敗に不寛容な社会に必要以上におびえてしまって、何が何でも失敗しないようにしようにするのが一番の失敗である。失敗と成功は紙一重であり、起点はいずれも「挑戦」に他ならない。失敗を避けるということは、挑戦を避けるということであり、そういう人はいつまでたっても成功しないばかりか、面白みのない人生を過ごすことになってしまう。最悪なのが、どこからも必要とされなくなってしまうことだ。そうならないために、失敗しないようにしてきたはずなのに、だ。

結局は自分自身の問題

何かに失敗して、仕事がクビになったり、借金を背負ったりすることはあると思う。しかし、そこから立ち直れる方法はいくらでもある。社会が不寛容だろうがなんだろうが、実際どうにでもなるので、失敗しないに越したことはないのだが、失敗しても絶望する必要はない。