読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think Village

日々思ったこと、気づいたことを推敲もなしに気ままに書き綴っています。

出来るまで出来るフリを続ける。超実践型修練。

何事も、完璧という理想の形があり、その理想に沿ってないと多少の不満を覚える。今はフリーランスのエンジニア業を営んでいるが、お客さんには価値を提供し続け、適当な報酬を得たいと考えている。しかし、私は今の自分のスキルに満足していない。今現在はまだまだだと感じる部分が多分にある。これっぽっちのスキルでお客さんからお金をもらっていいのかとか、私なんかが意見をしてもいいのかとか、考えてしまうことがある。だが、完璧になるのをただ待っていたら、いつ私が役に立ってもらえるかわからない。まだまだ足りない部分があるとは自覚しながらも、できる範囲でできることをし続け、できないことにも、少し背伸びすればどうにかなりそうなことは勇気をもってやってみる。今はまだできないし、やったことがないが、できるまでやってみるのである。考えれば私にとって、仕事はその連続だ。まったく同じシステムを作れと言われることはまず無いし、似たようなシステムであってもなんらかは新しい技術を取り入れたりしてなるべく時流にあったものを作ろうとする。最初は無理でも、根気強く調べたり、スクラップ・アンド・ビルドを繰り返していると、意外にできるようになる。簡単じゃあないが、わからないことはない、と思う。だから、最初は出来なくとも出来るまでやりつづけるようにしている。”勉強する”だけだと必死さにかけてしまうので、これに勝る修練方法はないのだと実感している。