読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Think Village

日々思ったこと、気づいたことを推敲もなしに気ままに書き綴っています。

当然のことを当然に言う

当然のことを当然に言うのは難しい。特に身近な人に対して。身近な人に対しては、その人を傷つけたくなかったり、嫌な気持ちをさせたくないので自分が考える正しいことをそのまま伝えることができないことが多い。が、正論をそのまま言えないのは実は「相手のためを思って」ではない。端的に言うと自分が嫌われたくないから、ということに収束する。「自分の言動が原因で、相手に自分のことを嫌な人だと認識されたくない」と無意識に思っている。社会性が高い人間的な発想ではあるし、それ自体は私は否定しないが、「相手のために」というおごりのある考えは取っ払ったほうがいい。自分を守りたいので余計なことは言わない、と正しく認識する。その上で、本当に嫌われるのか、嫌われてなにか問題あるのか改めて考えたらいい。どうしても伝えたい事があったら正直に伝えるべきだし、それが原因で仲違いしても、ずっと我慢して苦痛を感じながら一緒にいるよりはいい。ビジネスでも同じで、(自分からみて)相手がおかしなことをいってきたら、きちんと自分の意見を伝える。それで仕事がもらえなかったら、他でもらえばいい。自分を曲げてしかビジネスできないのであれば、それはとうの昔にビジネスとして失敗している。